オンラインカジノ違法性と弁護士の見解

オンラインカジノについて弁護士による見解は違法性もあり!?

 

はたして、弁護士の先生たちはオンラインカジノをどのように見ているかご存知でしょうか?意外かもしれませんが、多くの弁護士が違法性を論じています

ギャンブルにおける実行行為の一部が日本国内でおこなわれれば、処罰が十分に可能とする見解を示しており、この論理に照らせば、オンラインカジノは違法となりますね。

実際には、摘発事例に対して裁判で争えば、不起訴となる事例が多く報告されています。弁護士の先生たちによる見解は、あくまで法律をそのまま解釈したものとなるでしょう。

 

オンラインカジノは違法性の有無で意見は真っ二つ

多くの弁護士が違法性を論じていると書きましたが、実際は合法ではなくとも「違法性は無いのでは」と意見する弁護士もいます。

このように違法性についての議論に大きな変化が起こったとはいえ、弁護士間でも合法か違法かの意見は二分化されているのが現状です。難しいですね。

 

オンラインカジノに対する世間の意見は?

 

世間=やはりプレイヤー目線なので、規制する法律がないのに、なぜ違法と言えるのか?」という意見の方が多いようです。

私も推奨しているわけでは無いですが、どちらかと言えば違法とは言えないんじゃないか派です。繋いでいる端末が日本にあるだけで違法なんて、ちょっとおかしんじゃないかと思うのです。

 

証拠が揃うとオンラインカジノは違法になる可能性も

弁護士でも真っ二つ・世間の意見は違法性なしが優位‥だったとしても、警察にカジノにベットしているところを見られる=現行行為・明らかにカジノへ入金しているという履歴などの証拠が“全て”揃われてしまうと、違法と判断されて逮捕される可能性はあります。

逮捕されたからと言って有罪になるわけではありませんが、カジノプレイヤーは心しておきましょう。

 

オンラインカジノ側の意見は?

 

ではオンラインカジノ側の意見はどうでしょうか。もちろん運営側がなので「違法とされては困る」のみですが、明確にその点を示したのが日本人プレイヤーも多い“ジパングカジノ”です。一部抜粋した箇所のみですが紹介します。

[box class=”box19″]もし当カジノの登録者が逮捕・当ブランドとともに公表されたら‥ライセンス国を通じ国際貿易機関に問題定義することも考慮、また名誉棄損にて裁判所に提訴することも辞さない[/box]

この様に声明を出しました。

その他にも、沖縄でのサミットで、

中国でオンラインカジノを運営している企業が「通常のギャンブルよりも、ベット額の制限ができるため適切な金額でのプレイが可能となりギャンブル依存症の対策にもなる」とオンラインカジノが決して違法にあたるものではない旨を発表しました。

 

安全にプレイできるオンラインカジノサイト3選

安全にプレイできるオンラインカジノサイト3選

プレイしても違法と判断されずに逮捕されることは無いであろう、安全にプレイできるオンラインカジノサイトを3つご紹介します!いわゆる、前述した点に当てはまらないところが=安全に遊べると言えるわけですが・・オンラインカジノサイトはたくさんあるので、どこを選べば良いか悩んでしまうことでしょう。

是非プレイする前のサイト選びの、参考に役立てて下さいね!

ベラジョンカジノ

おすすめオンラインカジノ ベラジョンカジノ

人気・そして安心して遊べるカジノサイトのランキングでも常に上位を独占する、ベラジョンカジノ。ライセンス発行国の中でも最も厳しい審査が行われるとされる、マルタ政府からのライセンスを持ち2011年から運営しています。

また、運営会社はロンドン株式取引市場に上場している“Jackpotjoy picグループ”の傘下なので信頼性も抜群。使用しているソフトウェアも第三者機関からの監査を受けていますし、乱数生成機能によりゲームの出目は完全にランダム化されており公平性が保たれているので、イカサマされている心配も無用です。プレイヤーが不利という状況が作り出されていないということ。

日本語のサポート体制も万全で、どんなことを聞いても絶対に回答してくれます。何かトラブルが遭った時にきちんと対処してくれる安心感もありますね。プレイヤーが多いので=評判や口コミなど情報交換し合えるのも、安全にプレイできるという大きな理由でしょう。また、ベラジョンカジノからの出金に銀行送金が使えるようになったことで、より便利に遊べるようになりました!

 

インターカジノ

 

ベラジョンカジノは運営実績8年ですが、それよりもさらに歴史がある老舗のオンラインカジノがインターカジノです。1996年に世界初のオンラインカジノサイトとして登場しました。オンラインギャンブル雑誌“ゲーミングオンラインマガジン”では5年連続でトップを受賞と、健全に運営しているからこそ成し得る業ですね。

ライセンスはベラジョンカジノと同じくマルタ政府からのものと、デンマークそしてイギリスからも発行されています。気になる日本語サポートも万全朝11時~翌午前2時までと時間帯は決まっていますが、大体この間なら皆さん起きているので問題ないでしょう。しかしこのオンラインカジノ業界で20年以上運営しているところは、なかなか見当たりません。堅実に運営しているとしか言いようがありませんね。

 

ワンダリーノ

 

2015年に設立されて日本に登場したのは2017年と新しいオンラインカジノサイトですが、こちらも、上記2つのオンラインカジノサイト同様にマルタ政府からのライセンスを所持しています。TSTeCOGRA(イーコグラ)などの第三者機関からのチェック(監査)体制もバッチリなので、新しいと言って不安になることはありません。

またインターカジノは、一流のプログラマーや長年カジノ業界に携わってきた人たちが立ち上げ《アドベンチャーとギャンブル》をうまく融合させた新たなオンラインカジノとして人気が高いんですよ。RPG要素を兼ね備えた次世代オンラインカジノとでも言いましょうか、ただカジノで遊ぶだけじゃ物足りない人に最適だと思います。